内部環境分析とは?内部環境分析の目的と調査内容

内部環境分析とは

 

前回は、外部環境分析についてお話しいたしました。

今回はビジネスで経営戦略を立案するために必要な「現状分析(環境分析)」のうち、内部環境分析について概要およびその目的、よく使用されるフレームワークついて解説します。

筆者
佐治 秀保 / sajihideyasu

株式会社ビジネスのかんさつ 代表/オルタナクリエイツ 代表

広告写真家・クリエイティブディレクター
経営戦略コンサルタント・中小企業診断士

プロフィール詳細

内部環境分析の概要

内部環境分析は、外部環境とは異なり、自社内の経営資源(リソース)について分析をしていきます。

「現状分析(環境分析)とは?」の記事で、「孫子」の有名な格言「彼を知り己を知れば百戦殆からず」について書きましたが、内部環境分析は「己を知る」にあたります。

 

「彼(外部)」のみならず、「己(内部)」がどのような状況であるのかを正確に把握することは経営戦略立案において非常に重要です。

 

リソースとは、ヒトモノカネ情報、そして時間や知的財産など、いわば会社の財産です。

自社がどのような財産を持ち、どのような状態であるかを分析していきます。

↓リソースについてはこちらの記事もご覧ください。

内部環境分析の目的

内部環境分析の目的は、競合他社と比較した自社の「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」を把握することです。

『競合他社と比較する』ことがポイントで、自社だけを見て強い・弱いを決めるのではなく、競合と比べてどうか?の軸で強い・弱いを把握していきます。

 

強み・弱みを把握(見える化)した上で、今後の経営戦略の立案に役立てていきます。

見える化することにより、強みはより活かし、弱みを補う戦略を立てることが可能となります。

内部環境分析の調査内容

内部環境分析では主に以下の調査をし、経営資源を確認していきます。

  • 販売分析(保有データの種類の確認およびデータ分析)
  • 財務分析
  • 現在のマーケティング戦略調査
  • 商品・サービス内容および価格調査
  • 店舗観察調査、製造工程調査
  • 5S調査
  • ホームページ・SNS等の発信物調査
  • 知的財産調査
  • 組織調査
  • 経営者ヒアリング
  • 従業員ヒアリング
  • 従業員満足度調査(モラールサーベイ)

 

ちょっと調査項目が多く感じるかもしれませんが、企業経営は多くの要因から成り立っているため、様々な角度から調査をしていきます。

健康診断や人間ドックにしても、様々な検査をすることと同じです。

 

上記以外にも様々な調査をすることもあります。製造業か流通業かなど業種によっても調査すべき内容は異なりますが、自社の状況にあった調査を選択して実施していきます。

 

これら内部環境を調査することで、外部環境分析で調査した競合に比べ、自社はどのような状態なのか?を定性的・定量的に分析します。

 

ただし、財務分析や従業員満足度調査(モラールサーベイ)などは競合との比較はできませんので、「業界平均値」「自社の過去の実績」と比較することで分析をしていきます。

内部環境分析でよく使用されるフレームワーク

外部環境分析の記事でも書きましたが、調査・分析をする手法として、「フレームワーク」がよく使用されます。フレームワークとは「枠組み」という意味で、このような内容の分析をしたい場合はこのような着眼(切り口)で調査・分析すると良いですよ、という便利なツールです。

また、フレームワークは「洩れなく・ダブりなく」とMECE(ミーシー:Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive)となっていることが多いため、調査洩れが生じることも防ぐことができます。

 

内部環境分析でよく使用されるフレームワークは、「VRIO分析」「バリューチェーン分析」です。

VRIO分析

VRIO(ブリオ)分析は、企業内部に存在する「経営資源」の強みや競争優位性を明確にするためのフレームワークです。

「経済価値(Value)」「希少性(Rarity)」「模倣困難性(Inimitability)」「組織(Organization)」の4つの切り口で経営資源を評価していきます。

バリューチェーン(価値連鎖)分析

バリューチェーン分析は、価値連鎖ともいいます。

ビジネスは様々な活動から成り立っています。そのどの部分から競争優位に結びつく価値が生み出されているか、どの部分に強み・弱みがあるのかを分析するためのフレームワークです。

その他

その他、フレームワークではありませんが、従業員満足度調査や店舗観察調査にはそれぞれ手法があり、それを自社の実態に合わせて活用して調査・分析していきます。

1年に1度は内部環境分析を

今回はざっくりと内部環境分析の目的や概要、調査内容、よく使用されるフレームワークの紹介をしました。

 

経営者さんであっても意外と自社が「どのような状態なのか?」を正確に把握している企業は多くありません。

これは、ビジネスが様々な活動から成り立っていることと、社内の人間関係もあるためです。

 

ただ戦略立案のために「己を知る」ことは必要不可欠ですので、戦略策定の際に少なくとも1年に1度は内部環境分析をして戦略立案に備えるのが理想です。

 

内部環境分析の方法は「コンサルタントなどの外部に依頼する」「自社内の人材で調査・分析する」のどちらかになります。

コンサルタントなどの外部に調査・分析を依頼する

調査は多岐に渡り、また、販売分析や財務分析などは専門的な知識やスキルが必要であり、従業員満足度調査などナイーブなものありますので、中小企業診断士などの外部のコンサルタントに依頼するのが一般的です。

外部の視点で様々な調査を客観的に見てもらえるのが、外部のコンサルタントに依頼することのメリットです。

自社内の人材で調査・分析する

大手や中堅企業であれば、社内に「経営企画部」などの部署も存在すると思います。そういった部署で内部環境分析を実施することもありますが、意外と分析の知識や手法・ノウハウがない場合もあります。

 

弊社ビジネスのかんさつでは、社内人材に戦略立案ノウハウを身につけていただくための「伴走型の研修プログラム」を用意しています。「伴走」とは、「伴って一緒に走ること」です。

実際の貴社の経営戦略を立案するために、手法や知識をお伝えしながら社内に戦略立案ノウハウを身につけていただける研修です。

 

「戦略を立てたいが、どうやって進めるのか分からない」「社内に戦略を考えられる人材が欲しい」などと思われている企業さんに受講いただいています。

 

ビジネスのかんさつ「伴走型研修プログラム」

Road#004
『内部環境分析とは?内部環境分析の目的と調査内容』


経営戦略立案への道

【STUDYコラム】経営戦略立案への道

経営戦略の立案に向けた知識・用語・プロセスを、弊社の視点で解説していきます。経営戦略の立案スキルを身につけて強いビジネスを構築しましょう。

SERVICE

事例やケースではなく、
自社ビジネスの戦略立案で学ぶ
「伴走型」の研修プログラム

伴走型研修プログラム

弊社 株式会社ビジネスのかんさつのコンサルティングは、「伴走型」の研修プログラムです。
「伴走」とは、伴って走ること。
貴社人材でプロジェクトチームを作り、貴社の実務上のビジネス課題を題材にして、様々な戦略立案やスキルUPを近くで寄り添いコーチ&アドバイザーとしてサポートします。
支援方法は貴社への訪問もしくはオンラインの2通りです。戦略立案(課題解決)+社内人材育成を同時に進められる研修プログラムです。

BLOG

ビジネスのかんさつ日記

ONLINE SERVICES

オンラインサービス

ビジネス向けの写真撮影方法や経営戦略の立て方を動画で学べるオンライン講座です。

広報や採用サイトなどで商用使用できるロイヤリティーフリー画像や動画を購入できます。

CREATIVE

クリエイティブ制作

ロゴ制作・写真撮影・動画撮影・デザイン・WEB制作等 [ALTERNA CREATES]